IMADR通信198号

特集:マイノリティの若者、子どもの権利

子どもの権利委員会が2019年1月の日本審査で指摘したように、「周縁化された集団」に対する差別は、その若者や子どもたちにも深刻な影響をもたらしている。今号では、外国ルーツ、在日コリアン、そして沖縄の子どもや若者が置かれている現状と、インドのダリッドの学校教育の現状について考えてみる。


IMADR通信198号 INDEX

特集:マイノリティの若者、子どもの権利

  • 外国ルーツの子ども学習支援教室
  • 子どもの権利委員会 第4回対日審査に参加して
  • 生活に編み込まれる沖縄の構造と歴史
  • 「差別ゼロを求める」─インドの学校教育
  • 報告 国際人種差別撤廃デー記念集会
  • アジア先住民族連合の理事会に参加して
  • ダリット女性のエンパワメント
  • ジュネーブ便り:人権保障に向けた国連とスリランカの歩み
  • 本の紹介:揺るぎない視座、多様なアプローチ
  • IMADRからのお知らせ

 

発行:2019年5月30日

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter