IMADRについて

IMADRとは

反差別国際運動(IMADR)とは

The International Movement Against All Forms of Discrimination and Racism

世界からあらゆる差別と人種主義の撤廃をめざしている国際人権NGOです。日本の部落解放同盟の呼びかけにより、国内外の被差別団体や個人によって、1988年に設立され、1993年には、日本に基盤を持つ人権NGOとしては初めて国連との協議資格を取得しました。ジュネーブにも事務所を設置し、国連機関などへのはたらきかけにも力を入れています。日本では、特に被差別部落の人びとや、アイヌ民族、琉球・沖縄の人びと、在日コリアンなど日本の旧植民地出身者およびその子孫、移住労働者・外国人などに対する差別、また、それらの集団に属する女性に対する複合差別の問題に取り組んでいます。それらの声をつなげ、政府や国連に働きかけていくと共に、それが社会全体の課題として世の中に認識されるよう、積極的な発信を行なっています。

大切にしている点

EMPOWERMENT―立ち上がり

差別を受けている人びとの声を中心に据え、差別をなくすために人びとが立ち上がること。

SOLIDARITY―つながり

さまざまな権利が十分保証されていないマイノリティが連携・連帯し、共通の課題に取り組み、そのつながりを社会へ、世界へと広げること。

ADVOCACY―基準・仕組みづくり

つながった声と力によって、差別と人種主義の撤廃のための法制度や仕組みを国や国連で強化すること。

活動テーマ

IMADRは、以下の活動テーマへの取り組みを通じて、差別と人種主義、それらとジェンダー差別が交差する複合差別の撤廃をめざしています。
・職業と世系(門地/社会的出自)にもとづく差別の撤廃
・先住民族の権利確立
・マイノリティの権利確立
・司法制度における人種差別の撤廃
・国際的な人権保障制度の発展とマイノリティによる活用の促進

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter