IMADR通信201号

特集:北京+25

ジェンダー平等を求める女性たちの興奮が渦巻いた北京女性会議から今年で25年となる。2020年の今、日本では、夫婦別姓の法的認知を求める法廷での闘いが今も続いている。性犯罪の加害者は「暴行・脅迫」の要件に守られ、その一方で多くの被害者は声をあげることもできず、自責の念にさいなまれている。アメリカで始まった #Me Too 運動は一瞬にして世界を駆け巡った。韓国で社会現象となった「82年生まれ キム・ジョン」は日本でも大きな反響を呼び、今後、17の国・地域で出版される。そして今年3月8日の国際女性デーに、世界の女性たちはグローバル・ストライキを呼びかけている。女性の働きが歴史的に過小評価されてきたことに、「女性が止まれば世界は止まる」と声をあげる。北京女性会議から25年、世界のジェンダー平等はどうなったのだろう。この特集で考えたい。


IMADR通信201 INDEX

特集:北京+25

  • 今 ジェンダー平等は
  • 「北京+25」東アジア女性フォーラム開催
  • ジェンダー平等は家庭から
  • 夫婦別姓はなぜ叩かれるのか
  • 日本の性暴力被害者支援・ワンストップ救援センターの役割
  • インターネット上の差別に対する規制
  • イギリスの難民支援団体の活動─実際に関わって見えたこと
  • ジュネーブ便り:アジア太平洋のマイノリティの教育と言語の権利
  • 本の紹介:『ヤンキーと地元』
  • IMADRからのお知らせ

 
発行:2020年2月12日

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter