2018.01.25

UPR日本審査の勧告受け入れを河野外務大臣に要請

人種差別撤廃NGOネットワーク(ERDネット、事務局 IMADR)は、2017年11月16日に採択された第3回UPR日本審査の結果文書に含まれている人種差別撤廃に関する勧告を、すべて受け入れて速やかに実施するよう求めた要請文を河野外務大臣に提出しました。要請文はこちら

日本政府は第37会期人権理事会(2018年2月27日~3月23日)までに受け入れおよびその実施について可否の返事を行わなくてはなりません。UPR日本審査の結果文書の全訳は外務省のウェブサイトからご覧になれます。

関連記事:

UPR日本審査 人種差別禁止を求める勧告が世界多数の国々より出される
11・22集会報告 日本政府はUPR勧告を受け入れて早急に実施すべし!

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter
Archive