2019.10.23

世界人権デー集会 メディアは差別問題をどう伝えるか(12/4)

無知や無理解に基づいた差別発言が、新聞やテレビ、ネットといったメディアを通して社会に広まっています。一方で、「差別がある」という問題を「差別をなくすために」伝えることが必要であり、そのためにメディアが果たす役割は重要です。今年の世界人権宣言71周年大阪集会はこの重要な問題をテーマに開かれます。

世界人権宣言71周年記念大阪集会「メディアは差別問題をどう伝えるか」

講師:鎮目博道 (しずめひろみち) さん 映像ディレクター・演出・ライター
   藤沢美由紀 (ふじさわみゆき) さん 毎日新聞記者

日時:2019年12月4日 (水) 13:30~16:30
場所:大阪市立東成区民センター大ホール (地図はチラシ参照)

参加券 3,000 円/学生 1,500 円 参考 書籍 代含む)
【主催・申込】世界人権宣言大阪連絡会議
  TEL&FAX 06-6581-8705 Email: udhr@blhrri.org
【後援】 反差別国際運動 (IMADR)

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter
Archive