2019.04.26

改定入管法後の反人種差別政策を考える (5/29)

【日時】2019年5月29日(水)13:30〜15:00

【場所】参議院議員会館 101会議室

2019年4月1日に改定入管法が施行され、今後ますます外国からの移住者が増えることが予測されます。しかし、外国にルーツをもつ人びとの人権を適切に保障するための議論が十分なされているとは言えません。今回の集会では、まもなく施行から3年が経過するヘイトスピーチ解消法を軸に、今後の反人種差別政策について考えます。

symposium_antidiscriminationpolicy_new_0529

【パネリスト】

安田浩一さん(ジャーナリスト)、指宿昭一さん(弁護士)、

鈴木江理子さん(国士舘大学教授)、師岡康子さん(弁護士)

 

【主催】

外国人人権法連絡会/移住者と連帯する全国ネットワーク

人種差別撤廃NGOネットワーク/のりこえねっと/ヒューマンライツナウ

【連絡先】外国人人権法連絡会 (RAIK内)raik@kccj.jp

【参加申し込み】参加には事前申し込みが必要です。申込みは、以下の申込みフォームから、またはフライヤーにあるQRコードの申し込みフォームからお申し込みください。

申込みフォームはこちら➡︎ https://forms.gle/PHMt1v3SJKZne5V9A

フライヤーのダウンンロードはこちら➡︎symposium_antidiscriminationpolicy_new_0529

 

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter
Archive