2018.06.12

講演 人権と開発-SDGsの視点から(7月7日)

第8回 IMADRダリット・部落差別プロジェクト研究会
人権と開発   SDGs の視点から - 誰も置き去りにしないために -

持続可能な世界の実現はどこに住んでいようとも、どのような状況にあろうとも、すべての人にとって重要な課題です。その実現を目指し、「誰も置き去りにしない」を基本理念とする持続可能な開発目標(SDGs)が2015年から始まりました。IMADRが取り組んでいるカーストに基づく差別の問題は、多数のダリットを社会の周縁に追いやり、発展の機会を奪ってきました。すべての人の課題であるSDGsについて、専門的に取り組んでおられる朝日新聞社の北郷美由紀さんをお招きしてお話をしていただきます。

2018年7月7日(土)午後2時~4時30分

講師 北郷美由紀さん (朝日新聞記者)

HRCビル5階会議室 (大阪市港区波除4-1-37) (JR ・地下鉄「弁天町」徒歩10分)

参加費:    800円
お申込み: event@imadr.org

SDGs チラシ

チラシのダウンロードはこちらからhttps://imadr.net/wordpress/wp-content/uploads/2018/06/123ed11bceb9741571b6087512fbf757.pdf

主催:反差別国際運動(IMADR)
科学研究費(基盤研究(C)「ダリット女性および部落女性における複合差別とエンパワメントに関する国際比較研究」(課題番号:17K02097、代表:熊本理抄)

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter
Archive