現代社会と人権13「世紀の変わり目における差別と人種主義」

2001年の「反人種主義・差別撤廃世界会議」に向けて、世界の差別の実態を明らかにし、グローバリゼーションがマイノリティの人権におよぼす影響とそれに対する闘いについて考察したものです。

目次

序に代えて-世紀の変わり目における差別と人種差別の現状 武者小路公秀

第Ⅰ部 第3回反差別国際会議~2001年反人種主義世界会議に向けて       IMADR-JC事務局訳、大野清美 監訳

  • 差別撤廃のための人権教育-人種間の調和をめざして クレアンス・ダイアス
  • スィンティ・ロマ保護の国内法制定のための闘争 ロマニ・ローゼ
    ・資料 アピール/「スィンティ・ロマ」とは
  • フランスにおける人種主義の復活と反人種主義の闘争 ジャック・シュバス
  • インドにおけるダリット女性の地位 ブルナド・ファティマ
    ・資料 「ダリット」とは
  • 日本における部落差別の現状と差別撤廃の課題 組坂繁之
  • グローバル経済のもとでのラテン・アメリカの先住民族 ロドルフォ・スタベンハーゲン
  • グローバリゼーションと差別 チャンドラ・ムザファー
  • 2001年国連反人種主義世界会議への総合アプローチ
  • まとめ テオ・ヴァン・ボーベン
    ・資料 東京宣言

第Ⅱ部 論文

  • 人種主義および人種差別と闘うための国連の戦略-悲観論と希望が相半ばするなかで
    テオ・ヴァン・ボーベン/大野清美(訳)
  • 人権とグローバリゼーション―東アジアの経験から
    ヤシュ・ガイ/中野憲志(訳)
  • グローバリゼーションと排除
    ロドルフォ・スタベンハーゲン/中野憲志(訳)
資料
  1. 人種主義および人種差別と闘う第3次10年行動計画(1933~2003)
  2. 人種主義および人種差別と闘う第3次10年、ならびに人種主義、人種差別、外国人排斥及び関連のある不寛容に対する世界会議の招集について
  3. 人種主義、人種差別、外国人排斥に関連のある不寛容
  4. 人種主義および人種差別、外国人排斥に関連のある不寛容
  5. アファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)の概念と実施
  6. 非市民の権利
  7. 人種主義、人種差別、外国人排斥にかかわる紛争の増加という面におけるグローバル化
IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter