2017.03.10

「ヘイトスピーチ:ドイツはどう向き合っているのか」ドイツから研究者を迎えて(4/13、大阪)

0001 (2)
「ヘイトスピーチ:ドイツはどう向き合っているのか」―ドイツから研究者を迎えて

ヨーロッパ、そして世界に吹き荒れるレイシズムとヘイトスピーチ。
闘いの最前線にあるドイツより2人の研究者をお招きして、実態と取り組みについて話していただきます。

「ドイツにおけるヘイトスピーチ問題と法的対策」
ヨヘン・フックス (マクデブルク単科大学教授)

「インターネット上のヘイトスピーチ問題とその対策」
ディルク・ランペ (ブレーメン大学研究助手)

ナビゲーター 金尚均 (龍谷大学法科大学院 教授)

2017年4月13日(木)6:30~8:30 pm

龍谷大学 大阪梅田キャンパス 研修室
(ヒルトンプラザウェスト・オフィスタワー14階)
アクセス: http://www.ryukoku.ac.jp/osaka_office/access/index.html
JR「大阪」 地下鉄「梅田」「西梅田」下車

主催:人種差別撤廃NGOネットワーク(ERDネット)
ヒューライツ大阪
反差別国際運動
龍谷大学矯正・保護総合センター

資料代:500円
お問合せ:ヒューライツ大阪
TEL: 06-6543-7003  Fax:06-6543-7004
e-mail: webmail@hurights.or.jp

ちらしはこちらからダウンロードできます。

 

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter
Archive