TOPお知らせ > お知らせ詳細

先住民族アイヌ女性を語る―国連女性差別撤廃委員会審査から1年

更新日:2017年01月26日

先住民族アイヌ女性を語る―国連女性差別撤廃委員会審査から1年

お話:多原良子さん(札幌アイヌ協会)
日時:2017年2月25日(土)午後3時~5時
会場:ヒューライツ大阪セミナー室 (地下鉄「本町」㉗出口すぐ)
地図:http://www.hurights.or.jp/japan/access.html

アイヌ民族の女性として、多原良子さんは長年「マイノリティ女性の複合差別」の問題を提起してきました。
また、2016年2月、ジュネーブで行われた国連女性差別撤廃委員会の日本審査には、さまざまな立場のマイノリティ女性のグループと共に参加をしました。
この度、多原さんを大阪にお迎えし、アイヌ女性の現状と課題についてお話をしていただきます。

参加費:500円(ヒューライツ大阪、IMADR会員は無料)
問合せ:ヒューライツ大阪 電話 06-6543-7003
主催:反差別国際運動(IMADR)
(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)

2.25アイヌ女性JPG   チラシのダウンロードはこちらから。

 

バックナンバー

寄付をする

メールマガジン IMADRインフォメーション


 
Copyright © IMADR. All Rights Reserved.