TOPお知らせ > お知らせ詳細

スリランカ 2016年度プロジェクト報告

更新日:2017年04月06日

Mid Project Assessment by Project Manager

 

2016年度「連合・愛のカンパ」事業報告
スリランカ 単身女性の生計支援とエンパワメント

 

2016年4月から2017年3月までの1年間、反差別国際運動(IMADR)は「連合・愛のカンパ」の助成を受けてスリランカ北東部において、「マンクラムにおける内戦の影響を受けた単身女性の生計支援とエンパワメント」事業を実施しました。
スリランカの内戦で最も影響を受けたのは女性と子どもたちでした。反差別国際運動アジア委員会(IMADR-AC)は内戦終結直後より、和平構築と生活再建のために戦闘地であった北東部で国内避難民に対して生計支援の活動を続けてきました。
その活動を継続するため、「連合・愛のカンパ」の助成を受けて、スリランカ北部州、マンクラムのトゥヌッカイ(Thunukkai)村およびニーディプラム(Needipuram)村において、国内避難民になったシングルマザーが生計手段を獲得し、性と生殖に関する権利や健康に対する知識を得ることができるように支援を行ないました。

 

スリランカ地図

 

  1. 生計支援プログラム

生計支援プログラムは養鶏、有機飼料の使い方、会計管理、市場での売買のスキル獲得から成ります。国内避難民キャンプからこの地域に移住してきた女性たちにはきちんとした収入がありませんでした。農場で賃労働者として、または他の地区で移住労働者として働くしかなく、多くの女性は収入が不安定で極度の貧困に陥っています。また、政府の支援はないため、国内避難民はNGOの物資援助に依存せざるを得ない状況でした。そのため、プログラムを受けた女性たちは次のような成果を得ることができました。

  • 養鶏を開始したことによって収入を得ることができました。
  • 生計手段を手にしたことによって、地域の貧困の緩和につながりました。
  • 経済活動に女性も対等に参加することでジェンダーの平等をもたらすことにつながりました。女性がディセントワークにつくことができました。

 

一食基金より.2jpg

2. 単身女性のエンパワメント

単身女性のエンパワメントでは女性と子どものための健康プログラムとYuga Shakthiという農村女性ネットワークと交流するプログラムを実施しました。女性たちは女性と子どもの健康と衛生について学びました。このワークショップに参加した25世帯の女性たちは地元に戻り、学んだことを周囲の5人に教えました。それによりワークショップに参加しなかった女性たちと知識を共有することができました。健康プログラムと女性団体との交流により女性たちは次のような成果を得ることができました。

  • 健康に関する知識を身に着けることができました。
  • 女性と子どもに関する健康について学び、家族の健康を高めることができました。
  • 農村女性ネットワークとの交流で、自分たちの生活を再建する自信が持てました。
  • 農村女性ネットワークとの交流で、孤立することなく、女性団体とつながることができました。

 

IMADRはこれからも「連合・愛のカンパ」の助成を受け、内戦の影響を受けたスリランカの女性たちを支援していきます。

バックナンバー

寄付をする

メールマガジン IMADRインフォメーション


 
Copyright © IMADR. All Rights Reserved.