2017.07.26

IMADR、自由権委員会にNGOレポート提出

市民的および政治的権利に関する国際規約(自由権規約)の次の日本定期審査が2年後に予定されていますが、その審査に向けたプロセスはすでにスタートを切りました。自由権委員会は、次回の審査でとりあげるべき課題に関するNGOレポートの受付を7月24日に締め切りました。IMADRは部落地名総鑑を含むネット上における部落情報流布の問題と、マイノリティ女性の実態を反映した政策の必要性に関してNGOレポートを提出しました。10月16日から始まる第121会期自由権委員会において次回日本審査の課題が採択されます。

レポート(英語)のダウンロードはこちら

IMADR_CCPR_121th_LOIPR

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter
Archive