TOP出版物 > 英文ニュースレター E-CONNECT

英文ニュースレター E-CONNECT

E-CONNECT No.9

配信日:2011年8月17日
E-CONNECT No.9のイメージはこちら

特集:全国水平社と水平社宣言

もうすぐ創立から90周年を迎える全国水平社。1922年3月3日の創立集会で高らかに詠みあげられた「水平社宣言」はアジアで最初の人権宣言と言われています。2002年の80周年の際、さらに世界に広めるため、部落解放・人権研究所はこの宣言を8つの異なる言語に訳しました。

世界のIMADR:南アジアに効果的な人権メカニズムを!

2011年7月25日・26日、ネパールにて南アジア地域における人権諸課題と地域レベルでの人権メカニズムの必要性について多数のNGO活動家が集まり、ワークショップを開催しました。IMADR理事長のニマルカ・フェルナンドも人権活動家が直面する人権侵害について報告をしました。

IMADRとその課題:移住者の権利に関する国連特別報告者が日本報告を発表

ブスタマンテ国連特別報告者の日本訪問の報告が国連に提出されたことを受け、移住労働者と連帯する全国ネット―ワークを中心に報告に含まれる懸念や勧告に焦点をあてた院内集会を2011年7月28日に開催しました。菅直人総理大臣宛てに勧告実施を求める要望書をNGOの連名で提出しました。

IMADRと国連:

人種差別撤廃条約活用ガイドの刊行を人種差別撤廃委員会(CERD)の場で発表

活用ガイドを作成した白根大輔ジュネーブ職員がCERD第79会期の議場で刊行を報告しました。このガイドは人種差別撤廃のために活動する世界のNGOを対象に、条約と人種差別撤廃委員会についてよりわかり易く解説するとともに、より有効的な活用を手ほどきするものです。

関連出版物:「移住女性が切り拓くエンパワメントの道」(IMADR在庫なし)

カラカサン(移住女性のためのエンパワメントセンター)とIMADR-JC が共同で出した日・英併記のブックレット。
DVを受けたフィリピンからの移住女性たちがエンパワメントに至るまでの経験を語っています。
※カラカサンのウェブサイトから注文できます。

E-CONNECT No.8

配信日:2011年7月7日
E-CONNECT No.8のイメージは
こちら

特集:カーストの壁を破れ

2011年6月24日・25日にジュネーブにおいて「職業と世系に基づく差別」撤廃に関する戦略会議が開催されました。インド、ネパール、バングラデシュ、スリランカ、日本のマイノリティ団体をはじめ、IMADRなどの国際NGOが参加しました。2001年のダーバン会議からの10年を振り返り、2011年から2020年をさらに具体的な成果を勝ち取る10年として位置づけて様々な活動に取り組むことが確認されました。

世界のIMADR:福島差別を許さないアピール採択される

6月9日に正式発足をした「差別禁止法の制定を求める市民活動委員会」の設立会議において、生起しつつある「福島原発周辺住民および福島県民に対する差別、偏見」について懸念を示し、ノーを表明するアピールが採択されました。

IMADRとその課題:米国務省 世界における人身売買の年次報告を発表

アメリカ国務省はこのほど今年度の世界人身売買年次報告を発表しました。
その中で、日本は人身売買をなくすための最低限の取り組み要件を満たしていないとして、厳しい評価を受けています。

IMADRと国連:

人種差別特別報告者、ロマ排斥と「職業と世系に基づく差別」に焦点

この数年欧州において急速に悪化しているロマ排斥・差別と、世界2億6千万人に影響を及ぼしている「職業と世系に基づく差別」の問題を主眼にした年次報告が、6月の人権理事会に提出されました。

関連出版物:「スリランカ 人権と平和のための闘い」

英文書籍シリーズPeoples for Human Rights のVol.11です。
内戦終結の数か月前の2009年2月に出された書籍。内戦による人権侵害と大量にうみだされた避難民が置かれている厳しい状況および人道の危機に関する活動家や専門家の報告です。
終結から2年たった今も、これら問題の根本的な解決への道は何も見えていません。
※英語と日本語の書籍があります。

E-CONNECT No.7

配信日:2011年6月3日
E-CONNECT No.7のイメージはこちら

特集:スリランカにおける説明責任

30年続いた内戦は政府の強硬手段により終結しました。しかし内戦時代からポスト内戦の今に至るまで、多数の民間人が重大な人権侵害をうけてきました。
この深刻な問題について、国連事務総長と約束したにもかかわらず、スリランカ大統領は徹底的な調査を怠ってきたため、昨年6月潘基文事務総長は専門家による調査団を任命し、人権と人道の重大な侵害の責任に関する調査を委嘱しました。その報告が今年3月に発表されました。ニマルカIMADR理事長による報告の分析です。

世界のIMADR:未曾有の被害をもたらした東日本大震災と救援活動

部落解放同盟の片岡明幸中央執行委員による震災救援活動の報告です。震災後、まもなく関東ブロックのメンバーと共に救援物資を積み込んだトラックで陸前高田市にかけつけ、救援活動を開始された片岡さんが被災地で見て、聞いて、感じたことを伝える現地報告です。

IMADRとその課題:ダリット女性団結!ネパール

IMADRのパートナー団体であるFEDO(フェミニストダリット協会)は、全国のダリット女性たちが一堂に会する集会をカトマンドゥで開きました。起草中の新憲法を視野に入れながら、ダリット女性をはじめ周辺に追いやられてきた人びとの尊厳と社会的包摂を保障し、社会の変革をもたらすことを求めるアピールが採択されました。

IMADRと国連:CERD日本審査と勧告から1年

CERD勧告1年後に提出を求められていたフォローアップ情報(国内人権機関の設置、アイヌ民族、琉球・沖縄の問題)を2011年3月に日本政府は提出しましたが、その内容は求められていることに適切にこたえているとはいえない情報でした。そのため、ERDネット(事務局IMADR-JC)は5月にこれら3つの課題について独自のフォローアップ情報をCERDに提出しました。

関連出版物:「人身売買と人種主義」

英文書籍シリーズPeoples for Human Rights のVol.10です。
搾取的な移住はマイノリティなどが周辺に追いやられる問題と密接に関係しています。世界的な現象であるこの問題を人種主義の切り口から論じた一冊です。

E-CONNECT No.6

配信日:2011年4月25日
E-CONNECT No.6のイメージはこちら

特集: 震災下のブラジル人学校を訪ねて

師岡康子さんが地震直後に茨城県にあるブラジル人学校を訪問した報告。リーマンショックの影響による厳しい運営環境からようやく立ち直りつつあった全国 のブラジル人学校ですが、今回の震災による製造関係への大きな影響とそこで働く保護者の失職などにより、閉校あるいは一時休校を余儀なくされている学校もあり、公的補助のない外国人学校の厳しい状態があらためて浮き彫りにされました。

世界のIMADR:アジア農村女性連合 福島原発の廃炉要求

IMADRのパートナー団体であるタミールナドゥ・ダリット女性運動も参加しているアジア農村女性連合が、国際女性デーを記念して3月30日に国際会議を開催しました。席上、緊急要請として福島原発の廃炉および世界にある原子力発電所の廃止を求めるアピールを採択しました。

IMADRとその課題:ネパールのNGOが第46回人種差別撤廃デーに結集

IMADRのパートナー団体であるネパール、FEDO(フェミニスト・ダリット協会)からの報告。アパルトヘイト下の南アフリカで起きたシャープビル事件(1966年3月21日、69人犠牲)を記念して毎年開催される世界的な人種差別撤廃の日に、ダリット女性運動やダリット運動団体を含むネパールの運動体がカトマンドゥで反人種差別の集会とデモ行進を実施しました。

IMADRと国連:人種差別撤廃委員会(CERD)第78会期 12ヶ国の審査を終えて終了

2011年2月14日から3月11日まで開催されたCERDにおいて、キューバ、ボリビア、スペイン、ノルウェー、ルワンダを含む12ヶ国の報告書が審査されました。各国の審査の概要が報告されています。

関連出版物:「識字作品と日本の差別」(英語書籍)

部落差別により教育の機会を奪われてきた部落の人びとが識字学級で学んだ成果を綴った作文を、英語に編集した貴重な本です。識字運動の背景について関係する人びとがまとめた報告も含まれています。

1 2 3 4 5

バックナンバー

Copyright © IMADR. All Rights Reserved.