IMADR通信185号

増貢特集:国連が支持したマイノリティ女性の声―女性差別撤廃委員会日本審査を通して

2月16日、女性差別撤廃委員会による日本定期報告書審査が国連欧州本部で行われた。日本は85年に女性差別撤廃条約を批准し、今回で4回目の審査となった。女性差別撤廃条約がきちんと実施されているかどうか、課題は何か、同委員から日本政府が問われた。7年前の審査に続き、今回、先住民族アイヌ・部落・在日コリアン・沖縄の女性、移住女性、障害のある女性、LBTの課題に取り組んできた女性がジュネーブに飛び、委員に直接情報提供し働きかけた。女性たちは何を訴え、審査でどう取り上げられたのか。審査の記録と共に頁を増やして特集する。審査を鏡として映し出されるマイノリティ女性の課題を通し、日本の社会のありようを考えたい。

 


IMADR通信185号 INDEX

 

発行:2016年3月25日

IMADR
メルマガ登録
 
英文ニュース登録 Amazon
Follow us
  • facebook
  • twitter